世の中のダイブコンピューターは操作が分かりにくい!

事実!たまにしか潜りに行かないダイバーは、その都度教えてもらわないと分からない!

たまにしか使わないと
•使用前にAIR、NITROXの設定の仕方がよくわからないとか
•ログの画面が出せないとか
どのボタンを押せば目的の画面操作ができるのか忘れてしまっているから、その都度教えてもらわないといけない。
だから、久しぶりに使う時でも直感的に操作できるものがいい!

ダイビング中のあるある!
表示をあまり確認してないとか、そもそもどこをどう見るのかよくわからないとか。
安全停止中に確認したら???の表情。。。減圧出てるじゃん!みたいな。
意外と多いのが安全停止後のメッチャ速い浮上。アラームなんて完全無視とか。
ログを記入するための物になってしまってるとか。
こんなのダメダメだよね。
ダイブコンピューターって、そもそも体内に溶け込んでくる窒素を管理して減圧症を予防する為に1人1個つけていくのもで、マストアイテムとして何がなくてもまずはダイブコンピューターをって勧めているインストラクターも多いくらいで、1980年代後半には国内で販売されてた。当初は10万円ははるかに超えてたけど。
初めて私が手に取ったダイブコンピュータは弁当箱かと思うくらいのサイズで画面は目の荒いドットだった。
その後、電卓でも使われている7セグメントディスプレイの表示になって、今もこの表示方式が主流だけど、ドットマトリクス・ディスプレイでの繊細な表示が可能になったことで各社上位機種ではこのドットマトリックス・ディスプレイが採用されてるモデルもあるけど、今は随分安価になって機能も充実してる。

あなたにとって理想のダイブコンピューターは?
見やすい文字サイズ
→文字が見えにくいとか注視しないと見えないのはストレス
安全のために必要なデータが表示される
→潜水時間、現在水深、最大水深、平均水深、現在水深での潜水可能時間、浮上速度表示は最低必要
分かりやすい表示
→必要なデータ表示が分かり易く配置されている
直感的に操作できる
→複数ボタンで目的の画面に到達し難いよりワンボタンで直感的に操作ができる
バッテリー交換が簡単にできる
→万一、バッテリーが切れてもコンビニや家電量販店で簡単に手に入る電池なら現場でも交換が可能
バックライト機能がある
→穴の中とかナイトダイビング時に必要
2ガススイッチングに対応できる
→​水中でガススイッチをするダイビングでも使用できる

これだけのことを実現できるダイブコンピューターは1機種のみ!しかも安価で!

mares パックプロプラス!
見やすい表示と充実した機能、しかもワンボタンで簡単操作。
平均水深がボタン切り替えで簡単に見ることができるから安全停止を長めにするとか安全性が高まる。
暗いところでもバックライトを点灯すれば見やすくなる。
浮上速度が数字(ex.10m/min)で表示されるから分かりやすい。
しかもお手頃価格で最初のダイビングコンピューターとしては最適!
もちろん、バックアップとして2個目のダイブコンピューターとしても

%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%201
mares-diving-computer-puck-pro-yl_edited
パックプロ+BL.jpg
パックプロ+BK.jpg

パックプロプラス 

WHBK YLBK BLBK BKBK

 

メーカー希望小売価格 ¥49,500(税込)

もしあなたがダイブコンピューターを探しているなら!​

 特別価格​ ¥39,600(税・送料込) です!

また、購入特典としてZoomでの無料オンライン取扱説明会を行います!

オンライン説明会の内容は

初期設定として

①空気、ナイトロックス、ボトムタイマーの設定方法

②ダイブモードの詳細設定

③時刻、カレンダー設定

そのほか、表示の内容や用語なども含めてできるだけわかりやすく説明します。

こんな人にオススメです!

レ 初めてのダイブコンピューターとか

レ ナイトロックス用としても使えるとか

レ ウォッチサイズだと文字が見えにくいとか

自分で電池交換ができるもが欲しいとか

レ 操作が分かりやすいものを探してるとか

レ ガススイッチができるものを探してるとか

浮上速度を管理しやすいものを探してるとか

お問い合わせはメールまたは電話で。