もしあなたが、スクーバダイビングを始めたいけど、
なんとなく不安だし、どこで、どう始めればいいかわからない・・・なら

その悩みは無料で、たった1日で

解決できます!

無料ではじめられる
スクーバダイバーコースeラーニングコース

「ダイビングをしてみたいけど、なんとなく踏み切れない」
これは、皆さんから一番よく聞くことです。

なので、その問題を少しでも解決できるよう無料で始められるコースを紹介します。

まず、無料のコースで知識を学んでうまく出来そうなイメージを作るところからはじめましょう!

私はこれまで延べ3000人以上のダイバー認定をしてきました。体験コースを含めるとそれ以上です。
そんな皆さんから話を聞くと「これからダイビングを始めたい」と考える人の最初の壁は「不安」です。

 

その不安要素は
危なくないの?
一人でも始められる?
泳げないけど大丈夫?
時間とお金がかかるんじゃない?

などなど

一番多かったのは「なんとなく不安」でした。
 

この「なんとなく不安」を確かめようにも回りにダイビングを楽しんでる人って意外といない・・・。

教えて欲しくても教えてくれる人がいない。
だからなかなか踏み切れない。


だから、今回この無料で始められるコースをオススメしたいんです。
 

もし、「なんとなく不安」をなんとなくではなく具体化して、それを解決できれば、きっとその先は楽しいダイビングライフが待っていることでしょう。

 

では、どうしたら、その「なんとなく不安」を解決できるでしょうか!?
始める前の不安は頭で考えていてもほぼ解決しません。だから、この無料で始められるコースをきっかけにしてもらいたいんです。
この無料コースに参加してもらえば、きっとほとんどの「なんとなく不安」は解消されるでしょう。
無料コースが終わって「なんとなく不安」が解決できたら有料コースへ進むためのフォローアップ説明会に参加してもらえばよいのです。もちろん参加無料です。

ただし、有料のコースに進む前に次のことはとても重要ですのでご理解の上ご参加ください。

海で遊ぶには安全の確保が最低限必要です。
安全の確保には

①個人の体調管理、

②環境に対する知識、環境に見合った装備または泳力に加え、

③監視などの見守りの側面があります。
どれか一つでも抜け落ちているようであれば安全とはいえません。

 

では、
①個人の体調管理は主に前日の睡眠、飲酒、お薬など直接身体に関係することとして
・定期的な健康診断により水中環境に適合できるか否か。
・前日の睡眠は十分で体力が十分か否か。
・前日または当日の飲酒の影響が有るか無いか。
・薬を飲まなくてはいけない状態ではないか。
・海で遊ぶ意欲が十分か否か。

 

②環境に見合った装備や泳力
・背が立たない、波の影響や流れが少しでも感じられるといった環境でも、装備の力を借りることで対応できるか、または泳力に自信があり対応できるか否か。
・スクーバダイビングに使用する装備はよく整備されているか。またフィットしているか。

 

③見守りについて                        
公共のプールや海水浴場にはライフセーバーがいて万一の場合に備えていますが、スクーバダイビングの場合は引率ができるプロレベルのダイバーが同行するか、セルフで楽しむ場合には単独ではなく二人一組でお互いに協力しながら楽しむという厳格なルールがあります。(二人で参加してくださいということではありません。)

最初の一歩はスクーバダイバーコースから

 

このプログラムは、オープンウォーターダイバープログラムに参加するには時間が足りないという方や不安を取り除くためのコースです。このコースでのトレーニングと経験があれば、海でダイブプロフェッショナルと一緒にダイビングできるようになります。このコースを修了するとSSIスクーバダイバーに認定され、追加トレーニングを受ければSSIオープンウォーターダイバーにステップアップすることができます。

 

◆スクーバダイバーコース内容

最低年齢: 10才
参加前条件: なし
学科セッション:    オンラインプログラム
プール/限定水域セッション: 3つのセクション(プールで3時間程度)
海洋トレーニングダイブ:    2回のダイビング(日帰り1回)
最大トレーニング水深: 12m
推奨コース期間:    10-16時間

無料のスクーバダイバーコースeラーニングコースはオープンウォーターダイバーコース全6章のうち前半の第3章までをお好きな時間にお好きな場所で学習します。内容は主に次のようなことを学びます。

 

第1章
人の身体と水環境
・ダイビングの歴史的。
・水中の圧力やその影響。
・海水と淡水の違い。
・その他
第2章
水中で生命を維持する器材を使う
・器材の力を頼りにする理由。
・器材の名称や使用方法。
・器材のフィッティングとメンテナンスの重要性。
・スクーバの3つの基本的ルール理解する。
・その他
第3章
呼吸ガスと身体への影響
・呼吸のメカニズム。
・呼吸するガスの影響や空気の消費量。
・ダイビングに関する障害を知り、原因、症状、治療、予防について理解する。
・その他

各章ごとに章末問題があり合格すると次の章に進めるようになっています。
同時に各章の最後に実技の
動画がありますので実際に行う実技の内容(有料コース)がイメージしやすくなっています。

無料コースはスマホやタブレット、パソコンを使って知識を、動画を観て実技のイメージを取得します。

あなたには選択肢があります
 

下記のリンクボタンから名前、生年月日、電話番号、メールアドレスを入力して送信してください。
無料コースを選択された場合は、こちらからデジタル教材の使いかたを送信しますので手順に沿って手続き済ませたら、いつでもコースをスタートできます。

有料コースのことを詳しく知りたい方は「有料コースの案内を受取る」へ名前、メールアドレスを入力して送信してください。

© 2014 by JUN SAGAWA.